RSS
文字サイズ

スタッフブログ

2歳馬オヌシナニモノと鮫島克駿ジョッキー

2歳馬オヌシナニモノと鮫島克駿ジョッキー

こんばんは!

先週はギルマが重賞に挑戦しましたが、結果は16着…(T_T)

福島の直線 デコボコした馬場で進んでいかなかったようです。

幸い大きなダメージもありませんので、このまま次走に向けて進める予定です。

そしてスターライトジャズはデビュー戦3着。

一生に一度の新馬戦なのでやっぱり勝ってほしかったですが、悲観する内容ではありませんでした。

和田ジョッキーも評価してくれていましたし、改めて次に期待したいです!

さて、明日土曜日は2頭が出走します。

中京6Rには2歳馬 マーキュリーセブンがデビューを迎えます。

マーキュリーセブンと克駿ジョッキー

マーキュリーセブンと克駿ジョッキー

数少ないフサイチセブンの産駒です。入厩当初は弱さを見せており、一度ガタっと調子を落としたことがありましたが、なんとか乗り越えてくれました。

ここへきてだいぶ走る気も出てきたようで、競走馬らしいうるささも見せています。

追い切りも徐々に動けるようになっていますし、時計も水準には出ています。ただ、まだまだ性格的にも子供なので、そのあたりは競馬を経験しながらかなと思います。

ダート向きな感じがしますが、現状では時計が掛かるパサパサ馬場よりも、脚抜きの良い馬場の方があっていると思います。

まずは無事にデビューして競馬を覚えてくれればと思います。

そして函館11R にはマイハートビートが石川ジョッキーと出走します。

マイハートビート

マイハートビート

前回の在厩時はなかなか状態が上がらず放牧に出して間隔を空けました。

今回は馬体もフックラしてリフレッシュした状態で、トレセンを経由せず函館入りしています。

少し急仕上げかもしれませんが、やれることはやってしっかり乗ってきています。

毛ヅヤもピカピカですし、飼葉食いも良く、間違いなく状態は上向いてきています。

期待している馬ですし、このクラスでは自力上位なので、今後に向けてもここは良い競馬を見せてほしいと思います。

最近なかなか勝てていませんが、今週はなんとか勝ち星を積み上げられるように頑張ります!

武田

 

ショウナンアリババ

ショウナンアリババ

どうも!

先週はグッドワードが惜しくも2着! く~(>_<) 悔しい~。。

久しぶりの勝利かと思いましたがほんの少し届きませんでしたね。

このまま函館で続戦しますので、次こそ決めてほしいと思います。

さて、今週は4頭が出走します。

まずは土曜日 函館6Rにショウナンアリババが藤岡康太ジョッキーと出走します。

アリババは関西での競馬後、在厩のまま函館へ。函館入りした後も調整は順調です。

最終追い切りは康太ジョッキーが跨りました。走りも良かったし、函館ウッドとしては好時計で動けていました。

まだボーっと気が抜けていたり、自分から走る気がないところもありますが、持っている能力からすればもっと走れておかしくありません。

改めて期待しています。

そして土曜の中京11Rにはノーウェイが秋山ジョッキーと出走します。

ノーウェイ

ノーウェイ

少し間隔を空けて立て直しました。しっかりリフレッシュして帰厩し、先週、今週と秋山ジョッキーで追い切りました。

先週はコースでさすがの動きと時計。そして今週は坂路でサッと行いました。

ジョッキーも「もう仕上がっているので大丈夫です」とのことで、休み明けフレッシュな状態で競馬に向かえそうです。

馬体に悪いところもありませんので、頑張ってほしいと思います。

そして日曜日は2頭が出走します。まず中京5Rスターライトジャズが和田ジョッキーと出走します。

スターライトジャズ

スターライトジャズ

これが新馬戦となるスターライトジャズ! この時期の2歳牝馬としては水準以上でジョッキーの評価も高い期待の1頭です。

ここまでの調教も順調で、しっかり動ける状態だと思います。

体調もいいですし、脚元も問題ありません。牝馬ですが飼い食いも非常に良く、先々も走って来そうです。

新馬戦なので走ってみなければわかりませんが、どんな走りを見せてくれるか楽しみにしています。

そして日曜日ラストは福島11R ラジオNIKKEI賞(GⅢ)にギルマが三浦ジョッキーと出走します。

ギルマ

ギルマ

前走で2勝目を挙げたギルマ。放牧で成長を促し、5月半ばに帰厩しました。そこからこのレースを目標に約1ヶ月半しっかり乗り込んでいます。

帰厩時と馬体重はそれ程変わりませんが、馬体はスッキリして太目感もありません。

今週は単走で追い切ったので少しフワフワする部分がありましたが、先週はコースで併せてしっかりやっています。

枠は1枠1番。開幕週を考えると絶好と言えるのではないでしょうか。馬場が悪くなっても大丈夫だと思いますし、ハンデも手頃なので恥ずかしい競馬にはならないと思います。

ラジオNIKKEI賞は去年メイショウテッコンが勝った競馬ということで、厩舎としても連覇を狙いたいところ。

本当に楽しみにしています。

武田

Total 1859097 . 今日 359 . 昨日 1414