RSS
文字サイズ

スタッフブログ

カルド&デリカテスがデビュー

2021年10月22日 (高橋厩舎の日常)

ブルーグラス

ブルーグラス


どうも!

最近個人的に気になったニュースなんですが、今週、世界最古のコンクールであるショパン国際ピアノコンクールの最終ラウンドが行われ、日本の反田恭平さんが日本人歴代最高位となる2位、小林愛実さんが4位と素晴らしい結果に終わりました。
あまり大きくは報道されていませんが、個人的にすごく嬉しいニュースでした。
日本の方が世界で活躍されるのはやはり嬉しいですよね。
僕はよくクラシックを聴きますが、特にピアノはショパンが大好きでよく聞いています。
「幻想即興曲」「別れの曲」「子犬のワルツ」「革命のエチュード」「英雄ポロネーズ」etc..
おそらくピアノ曲でここまで一般的に知られている音楽家はいないんじゃないかなぁと思います。
たまにはゆっくりクラシックも聴いてみてください。 オススメです(^^♪

さて、競馬の話題へいきましょう!

今週は2頭の2歳馬のデビュー戦を含めて4頭が出走します。

まずは土曜日の競馬から。
1頭目は阪神3R。ブルーグラスが幸ジョッキーと出走します。

前走が好内容での3着。今回はそのまま在厩しての2戦目です。
最終追い切りは坂路で軽めでしたが、中1週での競馬なのでそれ程負荷は掛けなくても大丈夫です。

大きな上積みまではわかりませんが、体調は前走より良いと思います。

心配していたテンションは若干高くなったかな、というくらいで全然許容範囲です。
これなら競馬でもしっかり力を出せるでしょう。

この馬のレースでの課題はゲート。
これに関しては競馬を使いながら上達していくと思うので、徐々に改善されてくのではないでしょうか。
1F延長は問題無いので、ここも好勝負を期待しています。

続いては阪神4R。カルドが古川奈穂ジョッキーを背にデビューします。

カルド

カルド


最終追い切りはCウッドコースで。内を回ったので全体時計は出ていましたが、実質は直線伸ばした程度です。
先週はジョッキーに跨って感触を掴んでもらっていますし、昨日もジョッキーでゲートへ行きました。

まだまだ体は緩いですし、性格も子供ですが、乗り込むにつれて馬はしっかり良化してきています。

使いながらかなとは思いますが、斤量51kgはアドバンテージですし、ここでどんな競馬をしてくれるか楽しみにしています。

続いても新馬戦。東京5Rにデリカテスが坂井瑠星ジョッキーと出走します。

デリカテス

デリカテス


最終追い切りはジョッキーに跨ってもらい感触を掴んでもらいました。

入厩当初はかなり大人しかったですが、ここへきてキズナ産駒らしい良い意味でのうるささが出てきています。
能力的には武器となるようなものが欲しいというか、もうワンパンチあればという印象ですが、悪いところもありません。
これから競馬を経験して成長してくれると思います。

後ろから馬が来るのをかなり嫌がるので、そのあたりが競馬で良い方に出てくれれば、良い走りが出来るのではないでしょうか。

続いて日曜日は1頭。新潟7Rにバンカーズギャルが亀田ジョッキーと出走します。

バンカーズギャル

バンカーズギャル


地方から戻ってきて、中央では実に2年半ぶりの競馬となるバンカーズギャル。
相変わらず気難しいところがあり、ゲート試験も少し時間が掛かりました。

だいぶピリピリしているので、ストレスを出来るだけ与えないようにして、テンションも上がらないように調整しています。

あとは地方から相手がガラッと強くなるのでそのあたりがどうかでしょう。

いきなりは難しいかもしれませんが、レースに慣れていってくれればと思います。

武田

Total 3152398 . 今日 929 . 昨日 1684