RSS
文字サイズ

スタッフブログ

レリジールダモーレがデビュー

2021年10月15日 (高橋厩舎の日常)

ロードセッション

障害初戦となるロードセッション


こんにちは。

先週はサンレイポケットが毎日王冠で6着。時計が速く、尚且つ瞬発力を要求される展開の中、よく頑張ってくれました。
このあとは天皇賞・秋を目指しますが、距離が1F延びること、開催が進んで時計が掛かること、はプラスになると思います。
天皇賞・秋は厩舎としても出走できれば初めてのことです。しっかり調整して最高の状態で送り出せるように準備していきます。

さて、今週の競馬は5頭が出走します。
1頭目は土曜日新潟1R。ロードセッションが難波ジョッキーと出走します。

これが障害レース初戦です。まだ一つ目の障害に躊躇するようなところも見られますが、飛越自体はセンスがありますし、早めに新潟入りして金曜日にスクーリングを行っています。
一度見せておけば問題無いので競馬に行ったら大丈夫じゃないでしょうか。

調子は良いと思いますし、しっかり筋肉が付くように調教してきたので体重も増えています。
まずは無事走ってレースに慣れてくれればと思います。

続いて東京3R。レリジールダモーレが横山和生ジョッキーと出走します。

レリジールダモーレ

レリジールダモーレ


父:キングカメハメハ、母:コイウタの良血馬がデビューです。
ここまで順調に乗り進めてこられました。

所々に見せる素質の高さや、新馬らしからぬドッシリした精神面の強さはありますが、まだ体を使い切れていないのかなといったところも見られます。

追い切りでも手応え十分でもギアが上がり切らない感じなので、そこは競馬を使いながら覚えて行ければと思います。

持っている能力自体は高いので、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています。

続いては新潟9R。ミスビアンカが津村ジョッキーと出走します。

ミスビアンカ

ミスビアンカ


今回は追い切り以外の普段の調教は、1周500mのトラックを中心に乗り込みました。

出来るだけ力ませず、体が硬くならないことに重点を置いて状態を見極めながら調整したので、この馬なりに落ち着いていますし、体幹がしっかりして基礎的な体力も付いたと思います。

最終追い切りの坂路は良い反応でしたし、丁度良い負荷を掛けられました。
精神的な部分も含めて状態面は非常に良いと思います。
力は出せるはずなので、このあたりでガラッと変わってくれないかと思います。

続いて日曜日は2頭。
新潟2Rにクリノマジンが斎藤新ジョッキーと出走します。

クリノマジン

クリノマジン


前走は窮屈な競馬になって勿体なかったですが、力があるのは確信出来ました。
この中間は競馬でもあった口向きの悪さを矯正してきました。
現在は改善されだいぶ乗りやすくなっています。

毛ヅヤが良く、体全体に筋肉が付いたようで、1度競馬を使ったことであらゆる部分で馬が良くなっています。

少し怖がりな面や物見してしまうところはあるので、今回はメンコを着用します。
能力通り走ってくれればいい結果が出るのではないでしょうか。

最後は新潟8R。クラーロイメルが永島まなみジョッキーと出走します。

クラーロイメル

クラーロイメル


当初は2500m戦を考えていましたが、最終追い切りでもやはり道中ハミが抜けるところが無くて我慢が出来ないとのことで、1200m戦に切り替えました。
ただ、1200mだとスタートから他の馬も速いので展開的にどうかといった感じです。

相手関係は恵まれたと思いますし、4kg減のジョッキーは魅力的なので少しはやれないでしょうか。
最近の成績からは強気にはなれませんが、最後まで集中して走ってくれればと思います。

武田

Total 3152559 . 今日 1090 . 昨日 1684