RSS
文字サイズ

スタッフブログ

レッドジェニアルがラスト1冠をかけて菊花賞へ

2019年10月18日 (高橋厩舎の日常)

オーシャンアイ

オーシャンアイ

どうも! 今週はついに来ました、牡馬クラシック最後の1冠、菊花賞です。その菊花賞へ出走するレッドジェニアルのことも含めて今週の各馬についての情報をお届けします。

まずは土曜日の競馬から。新潟2Rにオーシャンアイが藤田菜七子ジョッキーと出走します。

前走はダート替わりで良いところを見せてくれたオーシャンアイ。この中間もダメージは無く、順調に調整することが出来ました。現状ではまだハミに頼るところがあって、いざ追い出すと走り方がわからないのか、体が付いてこないのか、思ったよりも弾けないのでもどかしい感じです。タメてキレるタイプではないので、菜七子ジョッキーには前々から押し切るようなイメージで乗ってもらいたいと思います。

続いて京都4R メイクデビューにグラスコックピットが岩田望来ジョッキーと出走します。

グラスコックピット

グラスコックピット

最終追い切りは坂路でまずまずの動きでした。まだ自分から走っていく感じではありませんが、促すとキッチリ動いてくれます。乗り込むにつれて筋肉にメリハリがついて小柄でも良い馬体をしています。毛ヅヤも凄く良いですし、体調面も問題ありません。調教での息遣いも凄く良いので、競馬に向けてはしっかり仕上がったと思います。正直適性についてはまだわからないところがありますが、血統面を考えてダートのこのぐらいの距離からレースを見てみたいと思います。どんな走りを見せてくれるか楽しみにしています。

続いて日曜日。新潟7Rにサンレイポケットが亀田ジョッキーと出走します。

サンレイポケット

サンレイポケット

前走がかなりの長期休養明け。万全のデキにはまだまだ足りていませんでしたが、それでも内容のある競馬をしてくれました。改めてこの馬の能力の一端を見た気がします。競馬後も脚元は良好ですし、目立ったダメージも見られません。一度競馬を使ったことで息遣いなどは格段に良くなりました。目に見えない反動が無ければもっとやれるでしょう。ここは楽しみにしています。

続いて京都8Rにオヌシナニモノが岩田康誠ジョッキーと出走します。

オヌシナニモノ

オヌシナニモノ

その名前と新馬戦のパフォーマンスで話題をさらったオヌシナニモノ。少し休ませて改めてダートで昇級戦を迎えます。この中間は口向きも修正しながら進めてきました。最終追い切りも想定通りに終えることが出来ました。普段はおっとりしていますが、いざ走らせると騎乗者の感覚以上に時計が出るのは能力が高い証拠でしょう。以前より柔らかくなりましたし、ワンペースではなくしっかりギアチェンジが出来るのもこの馬の良いところです。まだ未知の部分も多いですが、どれぐらい走れるのか楽しみです。ここも能力の高さを見せてほしいと思います。

続いて京都9Rにはモンファロンが幸ジョッキーと出走します。

モンファロン

モンファロン

今回は久々の2000m戦を使います。若い頃よりだいぶ引っ掛からなくなってきていますし、元々ワンペースなタイプです。乗り手の感覚では引っ掛からないならこれぐらいの距離が良さそうというのは以前からありましたし、兄弟も長い距離で走っています。馬体は増えていますが、成長を加味すると丁度良さそうですし太くも映りません。手頃な頭数に落ち着いたので、今回も少しでも上位を目指してほしいと思います。

そして今週ラストはもちろんこの馬。京都11R GⅠ菊花賞にレッドジェニアルが酒井学ジョッキーと出走します。

ジェニアル

ジェニアル

ダービー後からここを最大の目標としてきました。調整は極めて順調。状態に関しては何の不安もありません。枠順は偶数が良かったのでここも希望通り。得意の京都で能力をフルに発揮してもらいましょう!

オーナー、牧場関係者の皆さんと一緒に喜べるように、このまま最高の状態でレースに持っていきたいと思います。

応援よろしくお願いします<(_ _)>

武田

Total 1906838 . 今日 1298 . 昨日 1459