RSS
文字サイズ

スタッフブログ

エルブルスシチーがデビュー

2020年10月23日 (高橋厩舎の日常)

在厩調整のサンレイポケット。次走はアルゼンチン共和国杯を予定

在厩調整のサンレイポケット。次走はアルゼンチン共和国杯を予定

どうも!

先週の競馬はホールシバンが勝利!

元々期待していた馬で、しっかり2戦目で結果を出してくれました。

内容的には圧勝でしたが、それでもまだおっとりしていて、本気を出していない感じもあります。

競馬後もすぐに息が入っていたようで、やはりかなりのポテンシャルは秘めているはず。血統的にも本当に楽しみですし、次走以降も非常に期待したい1頭です。

そして復帰戦となったマイブルーヘブンは上々の結果だったのではないでしょうか。

スタート後だいぶ行きたがっていたところもありましたが、初めての東京競馬場、固定障害コースでもしっかり対応していました。

無事レースを終えることが出来たのは何よりですし、今回はまだまだ仕上げ途上の状態でした。それでも直線では先頭に立つなど見せ場十分の内容だったので、改めて今後が楽しみになりました。

今後も脚元の状態を見ながらになるとは思いますが、さらなる活躍を期待したいと思います。

そして今週の競馬も土日で3頭が出走予定です。

まずは土曜日から。

新潟5Rにショウナンガルーダが吉田隼人ジョッキーと出走します。

ショウナンガルーダ。輸送中の馬運車で。

ショウナンガルーダ。輸送中の馬運車で。

新馬戦後は2週間ほど放牧に出しました。帰厩後は普段は落ち着いていますが、調教時はヤル気が出てきたようで、だいぶ気持ちにメリハリがつくようになってきた様子です。

状態も良く、全体的にパワーも付いてきました。今回は調教からリングハミにしており、競馬でもそのまま使用する予定なので、操縦性は良くなると思います。

気持ちが前向きになっていますし、走りが少しワンペース気味とのことで、今回はもう少し前目のポジションで競馬が出来れば前進できるのではないでしょうか。

続いては東京5R。メイクデビューにエルブルスシチーが荻野極ジョッキーと出走します。

エルブルスシチー

エルブルスシチー

最終追い切りは極ジョッキーが跨ってCウッドコースでしっかり負荷を掛けました。

格上馬が相手だったので2馬身ほど遅れましたが、それでも「この馬も動けているし、だいぶ良くなってきた」とジョッキーは言っていました。

獣医も「だいぶ体も良くなってきているし、普段の心拍数が低いから心肺機能は高そう」と言ってくれています。

まだ性格的に子供なので、競馬を経験しながらピリッとしてくれればと思いますが、どんな走りをしてくれるか楽しみにしています。

続いて日曜日は1頭。

新潟3Rにクォリティタイムが荻野極ジョッキーと出走します。

クォリティタイム

クォリティタイム

前走後もダメージは無く、在厩で調整しています。

輸送や中1週での競馬を考えて、最終追い切りは坂路でサラッと。想定通りの時計で上がってきましたし、非常に順調で何も問題はありません。

特に心配していたテンションが高くなっていないのは何よりだと思います。

前走で跨った跨った団野ジョッキーは「噛み合えば全然やれます」とのことで、着順以上に内容も良かったと思います。

極ジョッキーは何度も乗っていますし、今回は少頭数で競馬はし易いはず。

ここは楽しみにしています。

武田

Total 2561640 . 今日 122 . 昨日 1802