RSS
文字サイズ

管理馬

ワンダフルタウン

牡 3歳 鹿毛 18/1/31生 ノーザンファーム
三田昌宏様
父 ルーラーシップ 母 シーオブラブ
血統図成績表を見る
クラス:3歳オープンクラス

馬体のコンディション
2021/06/02
馬体のコンディション
2021/05/26
馬体のコンディション
2021/05/19
2021/06/02

先週の競馬は10着でした。「タイトなスケジュールでしたが馬体重は前走からプラス。輸送後の立ち振る舞いも穏やかで、力を出せる状態でした。レースは中盤の流れが落ち着いて切れ味勝負に。この馬にとっては分が悪かったかと思います。道中は馬群が密集してぶつかり合う場面もあり、最後はバランスを崩ようなところもありながら踏ん張ってしっかりと走っていました。結果こそ振るいませんでしたが、必ずこの経験が秋につながるものと信じています。」帰栗後、火曜あたりまでは疲れを見せていましたが、幸いツメや脚元の異常は見られません。あすNF天栄へ移動して、夏場はNF早来で過ごします。まずは休養をとって、秋は菊花賞を目標に進めていきます。

2021/05/26

今週30日日曜の東京11R東京優駿、第88回日本ダービー(芝2400㍍)へ和田騎手で向かいます。追い切りは26日。CWコースで併せ馬でした。「昨日の時点でジョッキーは『最終追いのコース選択は任せる』とのことでした。併走パートナーが攻め駆けしないタイプですし、ジョッキーの『息の確認をしておきたい』という意向も把握していましたのでCWコースで。きょうは馬場コンディションも良く、負荷が掛かり過ぎることもないと判断しました。そこまで目一杯に追ったわけではなく、鞍上が『ここまではやっておきたい』という負荷の中でのもの。それにしてはいい時計が出たのではないでしょうか。息遣いは問題なく、咳をするようなところも一切ありません。上がってきた和田騎手は『8割ぐらいかな』との感触。輸送もありますし、オツリを残したちょうどいいサジ加減ではないかと思います。これ以上攻めることは出来ませんし、これ以下ではジョッキーがもの足りなく感じてしまうでしょう。自信を持って勝負に挑んでもらえると思います。」午後からの馬体チェックでも問題なし。脚元も異常ありません。あとは何事もなくゲートを迎えられるように。最後まで気を引き締めていきます。

2021/05/19

今週は19日に追い切り。坂路で併せ馬でした。「最初の1週間で目に見える疲れはとれて、先週は順調に調教を再開することが出来ました。今週はジョッキーが『ある程度負荷を掛けて現状を知ったうえで来週の調整を考えたい』ということで、前に目標を置いてかわす形で。『求めればもっと反応できる。余力を残しての動き』とのことでした。」来週はジョッキーを乗せて馬場で長めから追い切る予定です。大一番のダービー(5月30日日曜、芝2400㍍)へ向けて、馬は応えてくれていますし、今のところ順調です。

  • 2021/05/26
  • 栗CW
  • 和田
  • 79.9
    64.5
    50.3
    37.4
    12.0
    (8)
    稍一杯追う
  • 外ロードセッションを0秒9追走して0秒8の先着

  • 2021/05/19
  • 坂路
  • 稍重
  • 和田
  • 53.4
    39.0
    25.0
    12.4
    馬なり余力
  • エルブルスシチーを0秒4追走して0秒1の先着

  • 2021/05/13
  • 坂路
  • 稍重
  • 助手
  • 60.7
    44.2
    28.3
    14.0
    馬なり余力
  • 2021/04/28
  • 坂路
  • 助手
  • 53.7
    39.4
    25.6
    12.4
    馬なり余力
  • ソアリングギフトを0秒9追走して0秒3の先着

  • 2021/04/21
  • 栗CW
  • 和田
  • 78.8
    63.9
    50.2
    37.8
    12.4
    (8)
    一杯に追う
Winning Run

2021/05/01
東京 青葉賞

Winning Run

2020/11/28
阪神 京都2歳S

Total 2952557 . 今日 302 . 昨日 2018